利用できる要件を確認

住宅模型とお金

建物と取得者とローン

住宅を購入するとき、多くの人は住宅ローンを利用するでしょう。住宅は、新築にしろ中古にしろそれなりのお金が必要になります。若い人が購入しようとしてもキャッシュで購入するだけの貯蓄がない人が多いです。住宅ローンなら将来にわたって返済できるので、若い人でも購入できます。住宅ローンを利用するときに考えておきたいのが住宅ローン控除です。所得税を減らせる特例で、期間が決められているものの年末調整で多くの税金が戻るかもしれません。住宅ローン控除を受ける時の注意として確定申告があります。毎年確定申告が必要と思っている人がいるようですが、毎年する必要はありません。住宅ローンを利用し始めた年度に関わる確定申告の時のみ行います。サラリーマンなど普段源泉徴収や年末調整で所得税の納付を行っている人は、2年目以降は確定申告は不要で年末調整で行えます。住宅ローン控除で控除されるのは所得税と住民税で、利用した年から10年間受けられ最大400万円の控除が受けられます。住宅ローン控除を受ける時の注意として、中古物件だと年末残高の上限が2千万円になるときがあります。この時は控除の上限も200万円になります。控除を受けるにあたっては、あくまでも控除する所得税や住民税が無ければならず、それを超えて控除されるわけではありません。夫婦共働きなら、夫婦名義などにして二人で住宅ローン控除を受けるなどの工夫をするとより多くの控除が受けられます。適用を受けるための建物に条件があるので、満たしている住宅を購入する必要があります。

Copyright© 2018 安い金利のカードローンを探そう【消費者金融を検討する】 All Rights Reserved.