利息が有利な選び方

ウーマン

上限で比較をする

カードローンの金利は、4.5%〜18.0%といった表示をされています。左側の4.5%の方をみると低いと思ってしまうのですが、実際に申込みをして審査結果を聞くと、ほとんどの方が18.0%での契約となります。4.5%〜18.0%の範囲のどこかで決まるのかなと初めて申込みをされる方は思ってしまいますが、実際には上限金利での契約となります。その理由は、限度額の大きさで決定されるからなのです。限度額が低くて利率も低ければ、大した利息収入にならないからです。限度額が大きくてそれだけ借入金額が多ければ、低くても利息収入が大きくなるので、限度額が大きければ大きいほど金利が低くなっていくのです。初めてカードローンを申込みされた方は、返済実績がないわけですから信用がまだないのです。いくら年収が高くても返済をきちんとしてくれるとは限りませんので、最初は少額の限度額からスタートします。そして、返済実績をコツコツ積み重ねていくことで信用度が高まっていき、限度額も増額できるようになるのです。限度額が増額することができれば、併せて金利も引き下げてもらうことができます。限度額増額するまでは一定期間かかりますので、申込みをするカードローンを選ぶ時点で金利比較を行うことです。下限を比較しても最初から低い金利で契約することはできないですから、上限金利を比較して少し手も低いローンを選ぶことです。金利差は少ないですが、カードローン利用期間が長くなるにつれトータルで支払う金額にも差が出てきます。

Copyright© 2018 安い金利のカードローンを探そう【消費者金融を検討する】 All Rights Reserved.